ぎふ・すこやか健診(健康診査)について
健康管理のために健康診査を受けましょう
 広域連合では生活習慣病の早期発見・早期治療を目的として健康検査を実施しています。 健康診査は、お近くの医療機関等で受けていただけるよう、広域連合が市町村に委託しています。
 平成24年度からは、新たに2つの検査項目が追加され、これまでと同じ健診費用でより充実した健診が受けられるようになります。
健康な毎日を送るために、ぜひ受診してください。

対象者
 健康診査を受診する日において被保険者となっている方が対象となります。ただし、生活習慣病(糖尿病、高血圧症、脂質異常症等)で治療中の方は、同様の検査が実施されている場合がありますので主治医にご相談ください。

        健診の費用(自己負担)
         健診を受けられる方には、医療機関等の窓口または市町村窓口で自己負担金として「個別健診」は500円、「集団健診」は420円を負担していただきます。


        健診の実施期間
         健診の場所・実施方法等については、それぞれの市町村で異なりますので、詳しくはお住まいの市町村担当窓口にお問い合わせ下さい。


        健診項目の追加
         平成24年度より、以下の検査項目が追加されました。

        ・アルブミン検査(受診者全員が受診)
         アルブミン検査は、高齢者の肝・腎機能や栄養状態を把握することができ、介護予防や生活習慣病の悪化を防ぐために重要な検査で、受診者全員に実施します。

        ・心電図検査(該当者のみ受診)
         心電図検査は、高齢者の死因の第2位となる心疾患などの心臓病の早期発見・早期治療に有効です。
         ぎふ・すこやか健診では、前年度の健診結果において血糖、脂質、血圧が国の判断基準の値に該当する方のみ、医師の判断により心電図検査を受けることができます。


        →「お住まいの市町村窓口を探す」
        Q&A 「健康診査」はこちらから


        ▲ページトップへ